アナウンサー体験を通じてコミュニケーションの大切さを伝える
トークナビ代表樋田かおりさん

アナウンサー体験を通じてコミュニケーションの大切さを伝えるトークナビ代表樋田かおりさん

「ZIP!」や「NEWS ZERO」といった番組でキャスターを務めている時に事件の報道が多く、その根底にあるのはコミュニケーションの不足なのではと感じていた樋田さん。仕事が終わった深夜に「トークナビゲーション」という言葉を思いつき、それが現在の会社名「株式会社トークナビ」に。「育つ、コミュニケーション」をキャッチコピーに掲げ、子どもから大人まで幅広い世代にアナウンサー体験教室を通じて“伝える力”を育む活動を行っています。子ども向けのアナウンサー教室を終えたばかりの樋田さんにお話を伺いました。

「いま、子どもたちは体験をする機会が減っていると思います。パソコンで調べるとなんでも出てきて、情報も自分で体験しなくてもインターネットで探すとわかってしまうので、リアルな現場に足を運ぶということが減っているんですね。実際に小さい頃に体験したことって、大人になってもうっすらと覚えていたりとか、それが自信になったりとかするので、体験することは大切だと思います」

親子で参加する子どもアナウンサー体験教室

親子で参加する子どもアナウンサー体験教室

いよいよ本番、緊張しながらも元気に原稿を読む子どもたち

いよいよ本番、緊張しながらも元気に原稿を読む子どもたち

お腹から大きな声を出してみよう!

お腹から大きな声を出してみよう!

子ども目線で一人ひとり優しく指導します

子ども目線で一人ひとり優しく指導します

実は物静かな小学生だった樋田さんが今やアナウンサーに。そのきっかけになったのは16歳の時に参加した岐阜県のフリーアナウンサーによる話し方講座でのアナウンサー体験でした。

「その時、話すことってこんなに楽しいんだということに気付いて、人生が全然違うものになりました。皆から何があったの?と驚かれたりもして。名古屋でアナウンサーとして再就職したときにテレビに出ている様子を地元のみんなが見ることになったんですけど、みんなびっくりしてテレビの写メを送ってきました。どうしたらこうなったって(笑)。学校の先生が一番驚いていましたね。授業中、全く発表できていなかった子だったのにって」

早口言葉をすらすらと披露する樋田さんに子どもたちもびっくり!

早口言葉をすらすらと披露する樋田さんに子どもたちもびっくり!

アナウンサー教室では親子のコミュニケーションも育まれます

アナウンサー教室では親子のコミュニケーションも育まれます

樋田さんの人生を変えるきっかけとなったアナウンサー体験。そのきっかけを同じように子どもたちに伝えたいと頑張っている樋田さんのもう一つの使命は、出産や育児などで第一線から退いた女性アナウンサーにもう一度活躍する場を提供すること。

女性アナウンサーのセカンドキャリアについて真剣な表情で語る樋田さん

女性アナウンサーのセカンドキャリアについて真剣な表情で語る樋田さん

「アナウンサー業界は、全国のネットワークができあがっているわけではないんですけど、みんな学生の時からいろんな県でアナウンサーの就職試験を受けているので、各地で毎回出会って、戦友のよう。内定に向けて走ってきた仲間たちなんですよ。その仲間たちがみんな内定して、いろんなところで活躍して。でも女性なので、結婚して子どもが産まれると仕事はしにくくなるんですね。」

トークナビでは、女性アナウンサーのセカンドキャリアとして、アナウンサーから講師になるためのトレーニングを毎週開催しています。アナウンサーの仕事をしながら、講師としても活躍できるように、スキルを磨いて、企業研修や子ども向けのイベントの先生になるという道を作り、現在は12名が在籍中。

トークナビ在籍メンバーと一緒に

トークナビ在籍メンバーと一緒に

IT化の時代なので、もっと人とコミュニケーションをとるおもしろさや楽しさを広めていきたいと語る樋田さんは、日本語の美しさや独特の言い回しにも注目しています。

「私が高校生くらいの時でさえ言葉の乱れって言われていたので、美しい日本語を伝えたいとアナウンサーの志望動機に書いていました。食事前に食材や農家の方々、料理を作ってくれた人たちに感謝を表す、いただきますという言葉や、「恐れ入りますが」というようなクッションとなるような言葉、そういう日本語の美しさも伝えていきたいです」

日本語でいちばん好きな言葉は「夢」と語る樋田さん。そんな樋田さんの夢は、伝え方教室を日本全国に展開すること。「育つ、コミュニケーション」は、まさにいま羽ばたこうとしています。

子どもたちのアナウンサー体験教室をサポートしてくれた霜野ゆりアナ(左)と長久梨那アナ(右)

子どもたちのアナウンサー体験教室をサポートしてくれた霜野ゆりアナ(左)と長久梨那アナ(右)

アナウンサー体験教室の最後に全員で記念撮影

アナウンサー体験教室の最後に全員で記念撮影

株式会社トークナビ代表取締役
2008年日本テレビ系列RAB青森放送へ入社。
news every.お天気キャスターや朝の情報番組ZIP!キャスター、
7時間生放送の長寿番組「サタデー夢ラジオ」パーソナリティなど
テレビ・ラジオともに幅広く活動。
10代からプリキュアショーMCを始め、
学生時代だけでも年間300本の司会を経験。

【テレビ出演】
NEWS ZERO (中京)
Going! Sports&News(中京)
真相報道バンキシャ!(中京)
ZIP!(中京)
キャッチ!(ナレーター)
知っ得!なごや (リポーター)
でんじろう先生のはぴエネ!(ナレーター)
春の高校バレー(リポーター)
news every.RABニュースレーダー(お天気キャスター)
「東国原英夫のそのまんまでは通しません!」MC(千葉テレビ)

【ラジオ】
熊田曜子のいい旅 ふた旅 ぎふの旅(岐阜FMリポーター)
RABニュースレーダー (月曜~金曜18:00~18:15)
サタデー夢ラジオ   (毎週土曜9:00~16:00)
樋田かおりのかおりんぐ(毎週水曜21:00~21:50)
今日ってどんな日? (毎週月曜~金曜7:45~7:50)
あおもりTODAY!  (リポーター)
CBCラジオ ピンチヒッター丹野みどりのよりどりっ!

取材・文/小田実 撮影/河谷俊輔 写真提供/トークナビ 撮影協力/Gifte! 学研

URL :
TRACKBACK URL :

メッセージはこちら

*
* (公開されません)
*