古都奈良をマンガ・アニメでまちおこし
『なら燈花会(とうかえ)』 『元林院花街(がんりんいんかがい)復興プロジェクト』

古都奈良をマンガ・アニメでまちおこし『なら燈花会(とうかえ)』 『元林院花街(がんりんいんかがい)復興プロジェクト』

 

©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

マンガ・アニメファンが舞台となった場所を訪れる“聖地巡礼”。これをまちおこしイベントに活用している事例が日本各地に見られます。奈良市で毎年8月に行われているイベント「なら燈花会」もそのひとつ。今年4月に劇場版も公開される人気アニメ『境界の彼方』の舞台モデルとして登場(テレビ版第5話)したことをきっかけに、2014年の開催でタイアップイベントが催され、従来の来場者と併せて約92万人もの観光客を迎えるほどの大盛況となりました。

_N8D8490

「世界遺産を多く有する奈良は、若い世代に来訪してもらうことが近年の大きなテーマの一つになっています。そんな中、奈良が舞台モデルとして登場するアニメ作品「境界の彼方」が放映され、多くの若者たちが聖地巡礼として奈良へ観光に訪れていることを知り、タイアップイベントを企画させていただきました。新しいことにチャレンジする際にも、古都を守るということが非常に大切にされている街ですので、これまでの奈良の歴史・文化や、15年と開催を重ねてきた、「なら燈花会」の趣きを壊さないプランニングを心がけました」(奈良ものがたり観光実行委員会/古田明宏さん)

©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

広大な奈良公園に、約2万本のろうそくの灯が並ぶ「なら燈花会」。その幻想的な世界観が、アニメ『境界の彼方』で、ストーリー上の重要な舞台のモデルとして登場しました。2014年の「なら燈花会」では、『境界の彼方』のキャラクターたちが無料配布マップなどのキービジュアルとなり、さらに、タイアップ記念限定グッズなどの販売が行われました。

©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

©鳥居なごむ・京都アニメーション/境界の彼方製作委員会

「古いもの(伝統的なもの)」を「新しい方法(アニメやポップカルチャー)」で見せることによって、若い世代に奈良に来ていただくきっかけにする。そのチャンスから地域のファンになっていただくことが大切だと思っています。そのためには、私たち地元住人の作品愛も重要になってきますね」(古田さん)

『なら燈花会の会』会長/中野聖子さん(左)、『奈良ものがたり』観光実行委員会/古田明宏さん

『なら燈花会の会』会長/中野聖子さん(左)、『奈良ものがたり』観光実行委員会/古田明宏さん

「アニメ『境界の彼方』を観て、なら燈花会のシーンがあまりにも美しく描かれていることに感動して、この美しいシーンを再現できればと思いました。奈良を盛り上げるために、これからも新しいことに挑戦していきたいと思っています。」(なら燈花会の会会長/中野さん)

『なら燈花会の会』会長、奈良国際映画祭実行委員会の委員長など、奈良を盛り上げる活動を精力的に行っている中野さんは、ホテルサンルート奈良の代表取締役でもあります。近年は、宿泊客に外国人観光客が多くなっていることに、改めてクール・ジャパンのパワーを感じているそうです。

海外志向が強く、格好いいのはアメリカで日本は格好悪いと思っていた感覚も今では逆転。

「日本って格好いい!日本ってクール!(笑)」(中野さん)

_N8D8606

 

また、奈良では、消滅の危機を迎えている花街、元林院町(がんりんいんちょう)を“マンガ”でアピールする復興プロジェクトが進行しています。プロジェクトリーダーであり、マンガの主人公のモデルとなった芸妓/菊乃さん(大野佐絵子さん)は、舞妓の世界を小さな子どもにも楽しく理解させられる“マンガ”の力に期待しています。

昨年ニューヨークで行われた「奈良元林院 花街と日本のお座敷文化PRイベント」で配布された日本語英語併記のマンガ『菊乃流』(作・つづき萌重)が収録されたパンフレット

昨年ニューヨークで行われた「奈良元林院 花街と日本のお座敷文化PRイベント」で配布された日本語英語併記のマンガ『菊乃流』(作・つづき萌重)が収録されたパンフレット

「全盛期は祇園にもひけを取らなかった元林院町ですが、いまや置屋も芸妓も数える程度。私が最後の芸妓となってしまうかも知れないと思っていました。そんな状況から、多くの方のご支援で、元林院復興プロジェクトがスタートし、“ちびっこ舞妓”も誕生。元林院のことをマンガで描いたリーフレットを作っていただくなど、古都の花街の灯を守ってくれました。今年の春には5年ぶりの新しい舞妓が見世出しをします」(芸妓/菊乃さん)

元林院復興プロジェクトがきっかけで誕生した小学5年生の“ちびっこ舞妓”夢乃さん(11)

元林院復興プロジェクトがきっかけで誕生した小学5年生の“ちびっこ舞妓”夢乃さん(11)

「なら燈花会」、「元林院花街復興プロジェクト」、アニメ・マンガと古都奈良のまちおこしが紡ぎ出すストーリーの続編は、どんな展開になるのか、今年も目が離せません。

なら燈花会 http://www.toukae.jp

元林院花街復興プロジェクト https://www.facebook.com/ganrinin

文/有馬敏浩 撮影/小松正樹 写真提供/なら燈花会、元林院花街復興プロジェクト

URL :
TRACKBACK URL :

メッセージはこちら

*
* (公開されません)
*